エンジニアでフリーのカバチャンタ

エンジニアとして働くカバチャンタが書く、フリーランスについてやその他趣味についてのブログです。

麻雀を打つ前に見直す、自分の雀風を忘れないための備忘録

チップ祝儀について

鳴き祝儀なのか、面前祝儀なのかによって、リーチをした方がいいのか鳴いた方がいいのかは変わってくる。最近は鳴き祝儀の店が多いので、鳴いた方が良いだろう。さらに、5,000点相当のチップ割合だとしたら、チップを意識した麻雀をした方が良い。押し引きもチップがあることによって押し気味にする。

人読みについて

意外と大事なのが人読みだ。これは実際に手配やレベル感を把握することよりも、自分が人を読む余裕がある状態であることが大事だ。冷静になれなければついつい自分の手配のことしか考えられなくなるし、押し気味になってしまう。それを一歩引いて今の状況を客観的に把握出来るようにするかどうが、これが課題だ。

人読みの基準としては、そもそもの配効率や打点などのレベル感の把握、鳴いたときの形や手役の癖、押し引きの上手さ等が含まれる。これを把握していくのは毎局しないといけないので、終わったあとにレベル感を振り替えられるようにする。

煽りについて

どうしても性格や雀風が人に煽られやすくなってしまうものであり、かつ萎縮してしまう性格なので、マイナスに働くことが多い。なので、自分としてはヘイトを集めてかつそれを利用するように相手の裏まで痛め付ける気持ちでやった方が良さそうだ。なので、程よく無視できるような素振りを身に付けよう。疲れさすのだ。