エンジニアでフリーのカバチャンタ

エンジニアとして働くカバチャンタが書く、フリーランスについてやその他趣味についてのブログです。

【2021年7月8日】新聞まとめと個人の感想

僕は小さい頃から新聞を読む習慣がなく、今までニュースとかには疎くて全然話題についていけなかったのですが、最近新聞を紙で買って購読するようになりました。最初は記事を読んでいても頭に入ってこなかったのですが、最近ようやく読んでいて楽しく感じるようになってきました。このまま読むよりも、読んだことをアウトプットした方が自分のためになるし、新聞は毎日読むのだからそれを記事にすることでブログを毎日更新することになり、一石二鳥だな♪と思ったので今後新聞を読んで自分の思ったことをアウトプットして行こうと思います。

なお、私は京都に在住ですので、京都新聞を購読しております。目次だけを読むことでその日の出来事をすぐに復習できるような構成にもしていきますので、是非ご活用ください^^

特定外来生物に指定へ アメリカザリガニ アカミミガメ(5面)

 アカミミガメは通称ミドリガメ。通算で156種類いるそうだ。かなりいるなぁ。

京都大作戦、「傘」の光景(9面)

野外音楽フェス京都大作戦では、傘を配って、雨や日除けだけではなく、ソーシャルディスタンスを取る意味も込められていたようだ。また、上空からみると映える赤色が使われているので、映える光景になっている。賢い!深掘りしてみよう。

三菱電空調 15カ国に納入 海外戦略に影(29面)

品質を売りに出来なければ、日本が戦うのは難しそうだ。安全性に問題があると確定したわけではないが不信感は募ってしまう。これはあやういね、三菱。

今日の深掘り

京都は宇治市太陽が丘で3日から始まった、関西屈指の野外音楽フェス「京都大作戦」では、コロナとは相性が悪いと思われていたフェスのイメージを一新できそうな試みが行われた。それは、一人一人に「万能傘」と呼ばれる赤い傘を渡し、通常の傘の機能に加えてソーシャルディスタンスを保つという試みだ。お互い自然と距離を取るようになるため、ライブが始まり傘を閉じても、モッシュやダイブなどといったフェス特有の乱暴な挙動は起きず、大人しくライブを楽しんでいたそうだ。下手に騒いでライブ自体が中止になるのはもったいないので、そこは理が働くのだろう。どこぞの低能なYoutuber達とは違うのだな、と感じた。趣味・息抜きは大事なものなのだから、理性を保ってみんなで楽しめるようにお互い思いやりを持っていくことが、コロナ後はより一層大事になる気がした。今週の10・11日にもあるということだが、どうかこのまま好評のまま終わると、フェス文化がまた復活すると思う。一人一人、意識を。

今日のまとめ

世の中、信用が大事。